■伝統工芸金沢仏壇の制作風景
加賀藩の美術奨励策を背景に育まれてきた金沢仏壇は、堅牢かつ上品な美しさを誇る。金沢仏壇は漆や蒔絵の技法により、2年の年月を費やし、ひとつひとつ丁寧に作られる。
●漆を塗るには熟練された職人の技が必要です。
●金箔をふんだんに使い、丹念に仕上げていく。
●格調高い加賀蒔絵が仏壇に華麗さを加える。
●熟練の技で精巧な宮殿を仕上げていく。
「洗い」で見違えるほどキレイに
「洗い」という行程は仏壇を一度分解してキレイに汚れを落とし、再塗装などをほどこすことで仏壇本来の輝きを取り戻します。
右の写真では左半分だけキレイにしたものです、是非見比べて下さい。
米永仏壇伝統的工芸「金沢仏壇」店内の様子製品のご案内制作の工程
北陸の仏壇家具調仏壇仏具Q&A仏壇の選び方 仏壇の洗い
店舗案内会社案内米永総合メモリアル企業

Copyright (c) 2003 YONENAGA Co.,Ltd. All rights reserved.