経済産業大臣指定 伝統的工芸品 金沢仏壇


農民の深い信仰にささえられた歴史

金沢仏壇の起源がいつ頃かは明らかにされていませんが、蓮如上人の北陸巡回により、浄土真宗が庶民の間に深く根をおろしたことがその発展の大きな要因のひとつにあげられます。

文明3年(1471)南加賀の吉崎を来訪した八世蓮如上人は、次第に加賀一円にその教えを広め、各部落に道場を建てました。この道場は農民にとって信仰の場としてまた寄合いの場となり、自治組織として発展しました。また同時に御講が出来て仏壇の必要が自然に芽生えていったのです。

その後、江戸時代に入って幕府は宗門改革を断行し、各家が仏壇を持つことを強要しました。このため、仏壇のない家は邪宗として厳しく処罰されました。先述のように加賀は真宗王国の伝統の地であり、仏壇の需要は他地域より進んでいましたが、この幕府の政策は当時大都市であった金沢を中心に加賀の人の仏壇への需要を一層高めるに至ったのです。このような背景に加え、加賀百万石の文化があいまって精巧で高級な仏壇に対する需要が次第に高まり、荘厳華麗な金箔をふんだんに使用した漆塗り仏壇が作られるようになりました。

金沢仏壇を豪華に彩る原材料が豊富にあったことも産地発展の要因です。漆は、夏の高温多湿の北陸の気候がその栽培や乾燥に適していることから藩内で広く栽培されていましたし、金箔も藩の奨励する工芸美術に欠かせないものとして金沢で製造されていたのです。


細工所の流れをくむ金沢仏壇

金沢仏壇の特徴が室町文化の伝統を受け継いだ高度な技法によって作られることであるといわれるのは、藩営の細工所と深いつながりを持ちます。細工所は加賀藩主前田家が学芸学術奨励策の一環として江戸・京都から室町文化を受け継ぐ名工を招き一ヶ所に集めたもので、藩主調度品や将軍家・公家・諸候への進物などを製作していたのです。この細工所の流れをくむ職人が、後に木地師・塗師・蒔絵師・彫刻師・金具師等となって一般庶民の需要にこたえて仏壇製作したと伝えられているのです。
蒔絵は金沢仏壇の大きな特徴で、漆上げ、粉蒔き、研出しなど多くの作業に細分化されていきます。何度も繰り返し漆を塗り重ね、模様を盛り上げ、金粉を蒔きつけていきます。蒔絵は、緻密な職人芸の結晶なのです。

現在、金沢仏壇に従事する者の多くが高齢者となっておりますが、昭和51年に国の伝統的工芸品として指定されたことを機に、業界は一致協力して品質の向上・後継者の育成・販路の拡大等に精進しています。

この伝統マークを使った伝統証紙が貼られている金沢仏壇は、産地組合等が実施する検査に合格した伝統的工芸品です。
【金沢仏壇証紙】
金沢仏壇は類似品と区別するため、またその格調を守るために、
国指定伝統的工芸品の指定を受けた証として
「金沢伝統証紙」が貼られています。
米永仏壇伝統的工芸「金沢仏壇」店内の様子製品のご案内制作の工程
北陸の仏壇家具調仏壇仏具Q&A仏壇の選び方 仏壇の洗い
店舗案内会社案内米永総合メモリアル企業

Copyright (c) 2003 YONENAGA Co.,Ltd. All rights reserved.